もしもアフィリエイトの評判は?審査や使い方まとめ

もしもアフィリエイトは、株式会社もしもが提供している成果報酬型(ASP)のアフィリエイト・サービスになります。
初心者の方に優しい機能がたくさんありますので、使いやすさではトップクラスのASPと言えるでしょう。

もしもアフィリエイトの基本スペック

項目詳細
広告数約300件
最低支払額1,000円から
報酬支払い日翌々月末日
自己アフィリエイト可能(もしもキャッシュバック)
サービス開始日2010年5月
運営会社もしもアフィリエイト株式会社

もしもアフィリエイトの特徴

W(ダブル)報酬制度が嬉しい

もしもアフィリエイトでは、W(ダブル)報酬制度というものが存在し、通常の報酬に加えて、もしもアフィリエイトが報酬に10%加算してくれる制度になります。

報酬が5,000円の広告成果が発生した場合、これが確定されれば5,500円の報酬となります。
ほとんどの広告(amazonアソシエイト以外)が対象となりますので、広告によっては他のASPを上回る報酬になる可能性もありますね。

他では行われていない業界初の制度で、アフィリエイターにとっては非常にありがたい制度と言えるでしょう。

報酬単価も高水準

もしもアフィリエイトでは、前述したW(ダブル)報酬制度がありますが、だからと言って通常の報酬単価が抑えられているわけではありません。

通常の報酬も高水準となっており、中には業界最高水準の広告も存在します。
W(ダブル)報酬制度がなかったとしても、報酬単価は高めに設定されていますので、利用価値が高いASPとなっています。

プレミアム報酬

「プレミアム報酬」とは初めて月間1万円の成果を達成すると、プロモーション毎にボーナス報酬がもらえる制度です。
ボーナスされる報酬はランクごとに決まっており、1万円から最大3万円となっています。

ボーナス報酬がもらえるのは一回限りで、過去に一度でも1万円以上の成果を達成している広告は対象外となります。
また楽天グループサービスやAmazonなど、一部の広告も対象外ですので注意しましょう。

ランク制度もある

もしもアフィリエイトには、「サイトオーナーランク特典」と呼ばれるランク制度があります。

ランクプレミアム報酬特典
スーパークリスタル
(承認額100万円~)
3万円ダイヤモンドホットライン
平均承認率表示
平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
クリスタル
(承認額30万円~)
2.5万円ダイヤモンドホットライン
平均承認率表示
平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
ダイヤモンド
(承認額10万円~)
2万円ダイヤモンドホットライン
平均承認率表示
平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
プラチナ
(承認額6万円~)
1.5万円平均承認率表示
平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
ゴールド
(承認額3万円~)
1.3万円平均承認率表示
平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
シルバー
(承認額1万円~)
1.2万円平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
ブロンズ
(承認額3千円~)
1.1万円平均ERC表示
サーチコンソール連携
W報酬
一般
(承認額1円~)
1万円サーチコンソール連携
W報酬
見習い
(承認額0円)
1万円W報酬

アフィリエイトに役立つ「平均EPC」や「平均承認率」を知ることができるのが嬉しいですね。
ランクが上がっていく毎に、プレミアム報酬額も増えていくのがありがたいです。

自動マッチング機能が優秀

もしもアフィリエイトにサイトを登録すれば、自動的にそのサイトにあった広告を提案してくれる「自動マッチング機能」が標準で提供されています。

しかもこの機能が優秀で、Googleの検索結果で広告にマッチするキーワードを自動で検知してくれます。
マッチするキーワードで上位に表示されれば、自動で知らせてくれるのです。

自分では想定していなかったキーワードで提案してくれることもありますので、アフィリエイトにおけるキーワードツールとしても活用できるでしょう。

サイト自体が軽快

もしもアフィリエイトは他のASPと比較しても、非常にサイトが軽い印象を受けます。
特に検索する際に、即時で結果が表示されますので、イライラすることもありません。

ASPによっては、非常に重たい作りとなっているところもあり、急いで広告を設置したい場合に不便な時があります。

その点もしもアフィリエイトは、ユーザービリティに優れた軽いサイトになっていますので、管理画面の使いやすさでは1,2を争うレベルだと思います。

アフィリエイトリンクに「nofollow」が付いている

もしもアフィリエイトのアフィリエイトリンクには、標準で「rel=”nofollow”」が付いております。
nofollowを指定すると、サイトの評価をリンク先ページに与えなくしたり、クローラーがリンク先に辿らないようにすることができます。

またグーグルのガイドラインで、アフィリエイトリンク(有料広告)には「nofollow」を付けるように推奨していますので、そのガイドラインに則った形でアフィリエイトを行えます。

Amazon(アマゾン)と提携可能

通常Amazon(アマゾン)の広告を掲載したい場合は「Amazonアソシエイト・プログラム」に申し込まないといけませんが、審査基準があって満たない場合は提携できないことがあります。

その点、もしもアフィリエイトで扱っているAmazon(アマゾン)広告は一定の審査基準こそありますが、通常の「Amazonアソシエイト・プログラム」よりはやや緩めの基準と言われています。

その為「Amazonアソシエイト・プログラム」で審査に落ちた場合でも、もしもアフィリエイトのAmazon(アマゾン)広告審査に通過すれば、Amazon商品の紹介やプライムビデオなどのAmazon(アマゾン)広告と提携することが可能です。

またAmazonアソシエイト・プログラムで直接提携した場合、最低報酬金額は5,000円(銀行振込)からとなっていますが、もしもアフィリエイトでは1,000円から受け取ることができます。
そして振込手数料が掛からないこともメリットになります。

報酬の振り込み手数料が無料

もしもアフィリエイトで確定した報酬の振込手数料は、もしもが負担してくれるので無料となっています。
他のASPでは手数料が発生するところが多く、アフィリエイターには嬉しいサービスと言えます。

報酬支払額も1,000円からと良心的な設定ですので、初心者の方でもすぐに報酬を受け取ることができるでしょう。

成果発生メールが送られる

もしもアフィリエイトの広告で成果が発生した場合、登録しているメールアドレスに「成果発生のご連絡」という内容で配信されます。
発生したプロモーション名成果報酬提携サイトが確認できます。

成果発生メールが配信されるASPはあまりありませんので、効率の良いアフィリエイトを行っていくためには便利な機能だと言えます。

自己アフィリエイトもできる

もしもアフィリエイトでは「もしもキャッシュバック」という、自分でアフィリエイトを行えるサービスが提供されています。
興味のある広告を自分で利用してみて、アフィリエイトでの紹介に役立てるのも良いかと思います。

さらに「もしもキャッシュバック」の報酬も、前述したW(ダブル)報酬制度の対象となりますので、お得にキャッシュバックを受けることができます。

サポートが充実

もしもアフィリエイトには、アフィリエイトについての不明点や知っておきたい知識などがまとめられたコンテンツが用意されています。

アフィリエイトの始め方が学べる「いますぐ攻略本」、よくある疑問点がまとめられた「教えてもしもちゃん」、次のステップへ上がりたい方向けの「アフィリエイト虎の巻」など、初心者の人にはありがたいコンテンツが盛りだくさんです。

また有料の通信講座サービスも提供されています。

もしもアフィリエイトの口コミ

もしもアフィリエイトのまとめ

もしもアフィリエイトですが、初心者の方には嬉しい自動マッチング機能が優秀で、広告を選ぶ手間が省けるのがメリットと言えるでしょう。
「広告を選ぶのが面倒」、「どの広告を掲載すればいいかわからない」という場面で重宝するかと思います。

W(ダブル)報酬制度というありがたい独自の報酬制度もあり、メインで利用するASPとしてもおすすめできるでしょう。