SEOに強い!はてなブログの評判とメリット・デメリットとは

はてなブログは、株式会社はてなが提供している無料ブログサービスです。
検索にヒットしやすく、SEOに強いことが特徴になります。

はてなブログの基本スペック

項目スペック
独自ドメイン利用できない
※有料版で可能
容量300MB
テンプレ数少なめ:30種類以上
HTMLの編集△:制限あり
CSS対応○:可能
アフィリエイト○:利用できる
複数ブログ○:3つまで
パートナー満足度1位獲得! afb(アフィb)の評判!審査は緩い?
パートナー満足度1位獲得! afb(アフィb)の評判!審査は緩い?
afb(アフィb)(旧:アフィリエイトB)は、株式会社フォーイットが運営している成果報酬型(ASP)のアフィリエイト・サービスとなり...

はてなブログの特徴

検索エンジンに強い

はてなブログは検索エンジンに高く評価されていることもあり、キーワードで検索すると上位に表示されることが多いです。
他のブログサービスと比較しても、はてなブログで作られたブログの方がドメインパワーが強く、評価されていると言われています。

その理由として自分のブログやサイトに「リンク」が付きやすいことが挙げられます。
はてな内のユーザー同士が記事を紹介することが多く、外部リンクが集まりやすいメリットがあります。

以前と比べてSEOに対するリンクの重要性は薄くなりましたが、現在でも検索順位を決める重要な評価基準となっています。

アフィリエイトにおいて多くの成果に結びつけるのは、検索経由のユーザー数次第ですので、検索から多くの集客が見込めることがメリットになります。

また無料版では独自ドメイン不可ですが、独自ドメインを使用しなくてもSEOに強いことが、はてなブログの優れた点と言えます。

はてな内からも集客が期待できる

はてなブログでは既に大きなコミュニティが形成されており、交流や共通の趣味を通じて集客が期待できるようになっています。
さらにはてなブログ内の「おすすめ記事」や「旬のトピック」などに紹介されると、アクセスが一気に増えます。
また前述もしましたが、はてなユーザーから記事やブログについて紹介されることもあるなど、リンクが集まりやすい点も評価できます。

一部の無料ブログやWordPress(ワードプレス)ではコミュニティが存在しておらず、1から集客を増やす対策をしないといけません。
その点はてなブログでは、はじめからある程度のアクセスが見込めることがメリットになります。

複数のブログが作成可能

1アカウントで最大3つまでブログが作成できるようになっています。
最近は複数ブログ作成できるところが少なくなっていますので、複数のブログを作成する予定のある方は、はてなブログが選択肢の一つとなるでしょう。

SNS連携が可能

ツイッターやフェイスブックと言った、SNSとの連携機能が標準機能で用意されています。
記事投稿と同時にSNSにも投稿されたお知らせが行きますので、リアルタイム性のある集客が期待できます。

マルチデバイス対応

はてなブログはパソコンのみでなく、スマホ・タブレットからでもブログ作成が行えるようになっています。
パソコンとほとんど同じ機能が利用できますので、環境に問わずどこでもブログ更新ができます。

有料版がある

はてなブログの有料版を申し込むことで、アフィリエイトにおいても活用できる様々な機能が追加されます。

1ヶ月コース(30日)1年コース(365日)2年コース(730日)
料金1,008円8,434円14,400円
1か月あたり1,008円703円600円

※価格は税込料金。

  • 独自ドメインが利用可能
  • 複数ブログが10個まで作れる
  • 広告が非表示に
  • 毎月3GBまでの写真アップロード容量
  • スマートフォン編集がHTML対応
  • ヘッダとフッタを非表示
  • AMP対応
  • 過去50件の編集履歴
  • キーワード自動リンクオフ
  • 複数人でブログ管理ができる
  • 固定ページ作成可能
  • カテゴリー別記事一覧ページのカスタマイズ
  • 記事URLを引き継いでインポート

上記の機能が利用できるようになります。
アフィリエイトでは、「独自ドメイン利用」「広告非表示」「複数ブログの上限アップ」が魅力的な機能と言えるでしょう。

はてなブログの口コミ

はてなブログのまとめ

はてなブログの評価ですが、はじめから集客が期待できることやSEOに強いことが評価できます。
有料プランで広告非表示にできることも嬉しいですね。

アフィリエイトの利用は一応認められていますが、見るからにアフィリエイトサイトとわかるようなブログは避けておいた方が良いでしょう。
アフィリエイトで利用するなら、グーグルアドセンス(Google AdSense)などのクリック課金型広告を利用するようにしましょう。