WordPress(ワードプレス)ってなに?使い方やインストール方法など

WordPress(ワードプレス)とは、ブログ運営ツールとして登場したのが最初の始まりでした。
現在では、企業のホームページや個人ブログまで、様々な形で利用されております。

このページでは、WordPress(ワードプレス)の特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress(ワードプレス)は、2003年に公開されたオープンソースのブログ制作ツールのことです。
オープンソース(無償でソースコードを公開)ですので、世界にいる技術者を中心とした人々が開発に加わり、現在まで何度もバージョンアップが行われております。

WordPress(ワードプレス)のメリット

簡単にサイト制作が可能

WordPress(ワードプレス)でサイトを制作するには、すべて管理画面から行います。
管理画面は視覚的にどこで編集すれば良いわかりやすくなっており、またヘルプも用意されているので、はじめてのかたでも迷うことなく作業を進めることができます。

またビジュアルエディタもあり、HTMLなどの専門知識がなくてもサイト制作が行えます。
一般的な無料ブログの感覚と同じように、サイト作成できることがメリットになります。

プラグインを利用することで様々な機能を追加できる

世界中の技術者によって公開されたプラグインにより、WordPress(ワードプレス)の標準機能を拡張することができます。

例として、お問い合わせフォームを作成できるプラグイン目次を自動的に生成するプラグインなど、他にも多岐にわたって開発されております。
プラグインは無料で利用できるものがほとんどですので、お金を掛けずに多種多様の機能を追加することが可能です。

無料で利用できる

WordPress(ワードプレス)は個人・商用利用問わず、すべての方が無料で利用できますので、コスト面でも優位性があります。
オープンソースならではの利点と言えますね。

参考になる情報が多い

WordPressはサイト制作における一般的なツールになっており、多くの方によって利用されています。
そのため数多くのWordpress関連の書籍や、ネットでの情報提供によって参考になるものが豊富にあります。

WordPress(ワードプレス)の設定手順・最適化など、ネットで調べればすぐに見つけられることがメリットになります。

WordPress(ワードプレス)のデメリット

サーバーやドメイン費用が必要となる

WordPress(ワードプレス)自体は無料で利用できるのですが、実際にサイトを公開するには、レンタルサーバー独自ドメインが必要になってきます。

レンタルサーバーの費用は機能によっても異なりますが、年間で2,000円~10,000円前後がかかります。
独自ドメインはサーバーに比べたら安く、年間1,000円前後で取得可能です。

すべて無料で利用できる無料ブログと比較すると、費用がかさむことがデメリットと言えるでしょう。

インストールする必要がある

WordPress(ワードプレス)ですが、契約したレンタル―サーバで利用するにはそのままでは使えず、インストール作業が必要です。

インストールと聞くと手間が掛かるのではないかと思うかもしれませんが、現在ではレンタルサーバーの標準機能として「自動インストール」機能が用意されていますので、誰でも簡単に行うことができます。

WordPress(ワードプレス)のまとめ

WordPress(ワードプレス)は、難しい専門知識を必要とせず、少しばかりの操作手順を覚えれば、誰でも利用できるサイト・ブログ制作ツールになっています。

外国産のツールのため、はじめは操作しづらい部分もありますが、慣れれば簡単にサイト構築を行っていけますので、是非マスターしてWordPress(ワードプレス)を極めてみましょう。

下記ではWordPress(ワードプレス)に必要な、独自ドメインとレンタルサーバーを取り扱っている業者についてまとめていますので、ご参考になればと思います。