月150円からWordPressが利用できる!リトルサーバーの評判と口コミ

リトルサーバーは、株式会社リトルネットワークが提供しているレンタルサーバーになります。

月150円からWordPress(ワードプレス)が利用できるなど、充実したサーバー機能を格安で利用できることが特徴です。

リトルサーバーの基本スペック

項目詳細
初期費用920円
月額料金150円~
支払方法クレジットカード、銀行振込
サービス開始日2016年7月
運営会社株式会社リトルネットワーク

料金プラン

プラン月額料金初期費用容量WordPress利用
ミニプラン150円~920円20GB利用可能
リトルプラン250円~920円60GB利用可能
ビッグプラン430円~920円120GB利用可能
ベビープラン3,980円~4,980円500GB~利用可能

※表示されている価格はすべて税抜き表示になります。

リトルサーバーの特徴

月150円でWordPress(ワードプレス)使える

リトルサーバーですが最も安い月額150円(税抜)のプランでも、WordPress(ワードプレス)を使用したサイトを構築することができます。
さらにデーターベース(MySQL)が3個与えられるので、最大3つのサイト&ブログ作成が可能です。

最安プランでも充実した機能を揃えていることが、リトルサーバーの強みと言えます。

12か月契約でお得に

料金の支払いは1か月3か月6か月12か月で可能となっており、12か月一括払いにすることで月換算の料金を抑えることができます。

ミニプランリトルプランビッグプランベビープラン
1か月契約不可不可不可4,980円
3か月契約不可930円
(月換算310円)
1,500円
(月換算500円)
13,980円
(月換算4,680円)
6か月契約960円
(月換算160円)
1,680円
(月換算280円)
2,820円
(月換算470円)
26,280円
(月換算4,380円)
12か月契約1,800円
(月換算150円)
3,000円
(月換算250円)
5,160円
(月換算430円)
47,760円
(月換算3,980円)

全プラン12か月契約にすることで低コストでサーバー運用が可能です。

無料で独自SSLが利用可能

リトルサーバーの全プランで独自SSLに対応しています。
グーグルも推奨している常時SSL(独自SSL)を、無料で利用することができます。

なんと月額150円のミニプランでも設定することが可能です。

全プランで7日分の自動バックアップ

リトルサーバーは、毎日自動で全データのバックアップを取っており、万が一サイトやブログが消滅したときにデータを復旧することができます。

どのプランでも7日分のバックアップが行われていて、復旧も無料で行うことが可能です。

WordPressなどのCMS自動インストールに対応

リトルサーバーですが、メジャーなCMS(コンテンツ管理システム)を簡単にインストールすることができます。

名称詳細
WordPress(ワードプレス)世界CMSシェアNo.1
MovableType(ムーバブル・タイプ)商用CMSで安全性が高い
Zen Cart(ゼンカート)EC向けCMS。オープンソースなので無料で利用可能。
EC-CUBE国内では有名なEC向けCMS。
XOOPS Cube(ズープスキューブ)古くからあるCMS。コミュニティサイト向けサイトに最適。
PukiWiki(プキウィキ)Wiki系CMS。Wikipedia系サイトのみでなくまとめ系サイトにも使用されている。

上記の6つのCMSを、数クリックだけで自動でインストールすることが可能です。

無料でお試しできる

リトルサーバーでは、10日間無料でお試しすることが可能です。
ただしディスク容量が3GBになるなど、一部機能が制限されます。

お試し期間中にサーバー上にアップしたデータなどは、正式契約をすることによって引き継ぐことができます。
管理画面の操作など使い勝手を確認したい場合は、まずはお試しから利用してみましょう。

リトルサーバーの口コミ

リトルサーバーのまとめ

リトルサーバーですが、月額150円からWordPress(ワードプレス)利用可能独自SSL全自動バックアップデータベース3個の機能が揃っていることが評価できます。
他社サーバーと比較しても、低料金プランでここまで豊富な機能があるところはわずかです。

これからサイト制作を始める方や小規模~中規模サイト運営の方には、コスパ抜群のレンタルサーバーと言えますので、できるだけ料金を抑えたい場合は検討してみると良いでしょう。